車輪人の自転車日本一周・登山の旅 車輪人の自転車日本一周・登山の旅

2003年 9月14日 (日) - 434日目

天気 :

体調 : 良好

宿泊地 : 竜巻邸

本日の移動 : 倶知安町

走行距離 : 0.0km

累計距離 : 19,648km
本日の出費

食費 : 0円

観光費 : 0円

宿泊費 : 0円

雑費 : 1050円

費用詳細 : 雑費:クライミング費用

現在地 : 北海道倶知安町  ( 全走行図 )

クライミング

 いままでずっと「やってみたいな!」と思っていた室内クライミング体験。それが今回楽しむことが出来た。連日共に遊び、また羊蹄山も一緒に登ったひでちゃんが働くお店が”NAC”というアウトドアフィールド体験が出来るショップで、ラフティングやクライミングなどいろんなアウトドア体験ができるところだそうだ。その中で値段もお徳で興味のあった室内クライミングを今日は体験するべくニセコヒラフスキー場麓にあるNACへと今日は朝から向っていた。

今朝も3人元気にスタート
 しかし朝とはいってもすでに10時半、起きたのが8時近く、またそれからのんびりみんなで朝食をとり、さらには竜巻くんお勧め竜巻ビデオ鑑賞もしたりもした。でも、そんな時間は私の場合、やっぱりPCと向き合い膨大に溜まった日記を少しでも処理しようと励むが、しかし、そんな団欒雰囲気では全く進まず、結局、今日も日記を書かずじまいで終え、今日の出発となった。

 今日、体験をお世話になる”NAC”。そこまでひでちゃんに車で送ってもらったとはいえ、距離はこの倶知安市街よりわずか7kmほどであろうか、ニセコヒラフスキー場のほとりにあり、お洒落で自分が思っている以上に大きな建物が迎えてくれた。聞くと修学旅行生などの団体客までも扱うそうで、こじんまりとした小さなお店を思い浮かべていただけに、もうそこからして驚きの到着であり、また入ったならば、もうすでに人で賑わっている店内にも驚き、そこは活気がみなぎりその人気振りが窺えた。ちなみにここはたくさんある中の体験ツアーの中でも特にラフティングが人気であり、また、ショップとしても力を入れているものでもあるそうなのだが、しかし、今回は前々から興味にあったクライミングを竜巻くん、ひでちゃんも加えて体験してみることにした。

 ここで働くひでちゃんも実はクライミングは初体験、みんな見るもの全てが初めてなだけに説明を聞く姿も真剣だが、しかし、説明してくれてた英さんはそんな場を和まそうとか、親切、丁寧でありながらも楽しく笑顔で教えてくれた。そんなお蔭ですぐに場は和み、緊張していた肩の張りを沈めることはできたが、しかし、いざ初挑戦ともなるとやはり緊張は隠せない。目の前の垂直な壁を前に「ほんとうに登れるのだろうか・・・」と不安が高まるが、しかし、初級コースということもあり、アスレチックで遊ぶような感覚ですんなり登頂!意外に容易な登頂に「こんなものなのか・・・」とガッカリするほどであったが、2度目からは使用する石を限定していくと、その難易度は激増、「えっ!これを登る人がほんとにいるの?」と、ついつい叫んでしまったほど難しく、奥の深さをもすぐに知ることにもなった。

 ちなみにこのクライミング、一般的には一人で登ることはできない。ひとりが下でクライマーの命綱を握らなければならないからだ。その作業、人の命を預かるだけに緊張し、最初はどうしてもガチガチになってしまうのだが、しかし数を重ねるごとにそれも馴れ、最後は自然とロープを引いていけるようにまでなることが出来た。そんなことも嬉しかったひとつだが、しかし、このクライミング、ほんと悔しくて堪らないのは、登れそうで登れないとき、だが、うまい人はいとも簡単そうに登って行ってしまうから驚き、さらにはその人が女性だったもするからなおさらだ。腕の力だけではないらしく、その技術の高さに舌を巻くばかりなのだが、しかしそんな人たちを呆然と見つめる私の手は、もう疲労のあまりすでにプルプルと震える有り様であった。

初クライミング・私です
リードは竜巻くん
どんどん登る私
無事に終了
ううっ・・・ 頑張るぞ
NACの英さん
英さんはさすがに凄い!
ひでちゃんも奮闘!
最後の奮闘
竜巻です
ひでちゃんも!
頑張る竜巻くん

 楽しいあまりに腕の疲労を押し切っていろんなコースにもみんなで挑戦!しかし、そんなときに思わぬトラブル発生した。急にひでちゃんが、足のふくらはぎを辺りを押さえ「いてててぇ・・・」と悲鳴の声を上げた。私も竜巻くんも足が吊ったのかと思いきや、なんとズボンの中に何かいると言うのである。なんとそれは蜂・・・ すぐに退治するがすでに刺され、心配するが、しかし、そんな時のショップの対応はさすがアウトドアを専門にしているだけに早い!毒を注射器のような吸引機で吸出し、そして消毒。そのあとは念の為に病院へと向ったのだが、幸いそれほど心配ないそうで一安心。こうしたトラブルもあったが、しかし、今振り返れば、ひでちゃんには申し訳ないが、今日も何があるか分からない連日3人の楽しい珍動記であった。

 無事に帰ってきたひでちゃんと、一息つきながら昼食。そして最後の踏ん張りでもう一度クライミングに挑戦し、奮闘し、そして17時を前に初クライミングを終えた。お世話になったショップの英さん、そして共に3日間楽しんだひでちゃんともここでお別れ。楽しいトリオだっただけに別れも寂しいが、しかし、これがやはり出会いだったのだと思い、そしてまた3人で再会することを約束し、見送ってくれた。ありがとうございました。

ひでちゃんを心配しながら
一休み・・・
NAC2階で昼食タイム♪
左より、お世話になった
英さん・竜巻くん
私・ひでちゃんです。

 さて、竜巻邸に戻り、竜巻くんはこのあとバイトの為に、間も置くことなくすぐに出発していった。今までのあの楽しさ賑やかさが嘘のように静まり返るが、しかし、こんな時間は溜まりに溜まった日記の更新作業。3日前の分から黙々と書き始めること5、6時間・・・ 11時半頃、バイトから帰る竜巻くんを迎えるまで必死で書き進めていたのだが、しかし、それでも終わりきれず、あとは明日にまわして、お世話になった竜巻くんとの最後の晩餐を、もちろんお酒を片手に大いに語り楽しんだ。その楽しさのあまり、また明日から一人孤独の世界が始まるとは思いもしないほどで、結局、今日も2時過ぎまで飲み交わしていた。