車輪人の自転車日本一周・登山の旅 車輪人の自転車日本一周・登山の旅

2002年 8月23日 (金) - 47日目

天気 : 晴のち曇

体調 : 良好

宿泊地 : 嶺村山荘

本日の移動 : 頂上宿舎~白馬三山~鑓温泉~猿倉~白馬村

走行距離 : 16.5km

累計距離 : 1,632km
本日の出費

食費 : 756円

観光費 : 0円

宿泊費 : 0円

雑費 : 300円

費用詳細 : 食費:夕食、雑費:白馬鑓温泉

現在地 : 白馬村  ( 全走行図 )

楽しい下山・そして新たな出会い

 夜はかなり寒く、寝袋に頭までもぐって寒さを凌いだ。朝日を見ようと4時半に目覚ましをかけていたのだが、あまりの寒さになかなか起きれなかった。それでも勇気を振り絞って起床!朝日を拝むために外に出る。すでに外は明るくなり始めていた。このキャンプサイトからでは朝日が拝めないため急いで稜線まで登ったが、そこでも駄目だった。さらに白馬山荘目指して登る。そしてようやく白馬山荘奥から朝日が登りつつある空を眺めた。まだ日の出までには時間はあるようだ。せっかくここまで登ったのなら、どうせなら山頂まで行こうと思い、さらに上り白馬岳山頂から朝日を待った。だが、いつまでたっても朝日が昇らない・・・ 雲海は広がっているが、さらにその上にも薄い雲が広がっているせいで朝日が望めないようだ。うすく伸びた朝焼けだけを目にしてしかたなく山頂宿舎まで下った。それな残念な朝日だったが、でも日本海や富山の夜景もぼんやりと見れたのでよかった。

夜明け前の白馬岳
残念ながら拝めなかった朝日
朝の立山・剣連邦

 キャンプサイトに戻ってきたころには、すでに6時になろうとしていた。急いで朝食をすましてテントをたたむ。そのころ稜線より声が!「中村くーん!」っと 昨日の小嶋さんだ!「すぐ行きます!先に行っていてください!」と声を返す。急いでパッキングして、7時に山頂宿舎を出発した。

 小嶋さんを追いかけながら、まずは杓子岳を目指す。その途中で一人で登山している女性の方から声をかけられる。九州からこられた日高さんという方で、地方話に会話も弾んでペース配分もそんなに変わらないことから一緒に行動することに。そしてそのうち、小嶋さんと合流。奇妙な3人の組み合わせで先を急いだ。

 杓子岳にはトラバース道が設けられていて、小嶋さんはそれを利用することに。私と日高さんは杓子岳の山頂を目指した。きつい急登を登って、8時に山頂へ到着♪少し休憩後、小嶋さんを追って鑓ヶ岳目指して出発した。

杓子岳山頂にて
鑓ヶ岳登り途中より
白馬岳方面
鑓ヶ岳山頂にて

 鑓ヶ岳の上りもなかなかの急登でしんどい。それでも白馬三山最後のピークで、力を振り絞って9時にようやく登頂♪そして再度山頂で小嶋さんと再会。ここからの白馬・杓子岳の展望がまた素晴らしい。そして立山の山々もグッと近づいてきた。

 山頂でのんびり過ごしたかったのだが、あまりの寒さにほどほどにして下山に向かうことにした。また偶然知り合った3人の奇妙な組み合わせで下っていく。やはり会話しながらだと、時間も忘れてあっという間に白馬鑓温泉に到着。11時20分だった。

 さっそく楽しみにしていた温泉に浸かる事に、男湯はなく、男は混浴の露天のみとなる。女湯は設置されているので女性の方も安心して入れる温泉だ。ちなみに料金は300円と格安♪温泉で極楽気分を味わってのんびりと浸かる。 外が涼しいだけに気持ちがいい♪入浴後は山では高級な缶ジュースを日高さんに頂き、また最高の一杯となった。ありがとうございました♪

鑓ヶ岳山頂より白馬岳方面
白馬鑓温泉混浴露天風呂
下山後、猿倉荘前にて
三人で記念撮影